読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の撮る写真が役に立った話

写真を撮るのが好きです。

絵を描くような感覚で、自分の感情や創造性を載せて画面を切り取る。右脳を刺激する楽しい作業です。

被写体は主に動植物、人、風景。
そんなに高いカメラではないし、レンズも最初についてる標準レンズと望遠レンズだけなので、凝ったものは撮れないけど、わりと楽しく撮影してしています。

本当に自己満足の趣味。
何処かに出して他者評価を問うでもなく、ただただ自分が気にいる写真が撮れるかどうか、ってだけ。

なんだけど、それがたまたま、他人様のお役に立てたみたいです。

f:id:yukito1209:20151231084740j:image

お月様の写真。

いつものように撮ってiPad に取り込んでいたら、母が欲しいというので送りました。

それをどうも母の友人に送ったみたいで、『紙媒体で欲しい』と言われました。

家のプリンターでは綺麗に出なかったので、カメラ屋さんでプリント。凄いのね、めっちゃ綺麗に出るのねアレ。

それをお渡ししました。


それから3ヶ月。


そんなことすっかり忘れていた12月、母がそのお友達のところにお悔やみに行きました。
お友達のお母様が亡くなったそうです。

帰ってきた母が見せてくれたのは、お仏壇に飾られた、亡くなったお友達のお母様の遺影と、側に飾られていた私が撮影したお月様の写真。


生前、お母様がものすごく気に入っていたから、だそうです。


お会いしたこともない方ですが、自分が撮った写真が他人様のお役に立ててた。



それが、とても嬉しかったです。


喜んでもらえるって、こんなに自己肯定感を貰えるんだ。

自信もすこしつきました。

写真撮るの、楽しいな。